お稽古 伝の会TOP 戻る

鉄九郎と始めよう

松永鉄九郎は長唄のお師匠さんとして、
どなたにでも長唄三味線をお教えしています。
興味を持った時が始める日。
お気軽にご連絡ください。
長唄松永流師範 長唄協会会員 
長唄協会秋季演奏会計委員 長唄協会企画委員


詳細なお稽古情報は鉄九郎のお稽古

鉄九郎からのメッセージ


三味線って言っても種類はさまざまです。 けれども「三味線」って言うと「長唄三味線」のことをさすと言えるほど、「三味線」 の基本は「長唄三味線」にあります。 歌舞伎を見たことがない方でも、「娘道成寺」や「勧進帳」などの長唄の名曲は、きっとどこかで耳にしたことがあるでしょう?例え知らなくても題名は見たことがあるで しょう?「藤娘」とか「連獅子」は?ありますでしょ?ないですか?ない方は「ああ、自分は知らなかったけれどもポピュラーな音楽なんだ」と思っていただいて良いですか?


長唄は、簡単に言うと歌舞伎の伴奏音楽として発展してきた音楽です。 歌舞伎の音楽と言うと他には義太夫・清元・常磐津などがあげられます。 そして長唄はその中でも最も多様性があるので、三味線音楽の集大成と言われています。他に邦楽の世界では小唄、端唄などもありますが、そのジャンルに行くとしても長唄の素養は欠かせないと言われてます。 そのため、三味線を習うならまず「長唄三味線」を知って欲しいのです。


三味線には大きく分けて三種類あります。一番大きな物が太棹(ふとざお)、一番小ぶりな物が細棹(ほそざお)、その中間の物を中棹(ちゅうざお)と言います。 ジャンルによって三味線の種類が違います。太棹を使用する物は義太夫・津軽等、中棹を使用する物は清元・常磐津・大和楽等 、細棹を使用する物は長唄等です。 鉄九郎はその中で長唄の専門家です。

必ずそう言われます。まぁ、よく考えてみれば楽器で簡単なものなどないのですが。 とりわけ、難しそうだと思われている方が多いのも事実です。その通りなんです。 簡単じゃありませんよ、ほんとに。 でもね、びっくりするほど難しいものでもない。 そりぁあね、自分で楽器と教則本を買ってきて、「さて」と言ったところで弾けるようにはなりません。自己流とか見よう見まねで取得できる楽器ではないと言っていいでしょう。 でもね、習ってみようかなぁと思う気持ちがあれば大丈夫。 鉄九郎が必ずや弾けるようにいたします。 それがマンツーマンの稽古なのです。 最初が肝心なのです。 ちょいとでも弾けるようになってしまえば、あとはスーーっと行きます。 ちょいと弾けるようになるまでの辛抱です。 その期間をお任せくださいな。 「楽器を触ったことがない」 と、よく言われます。 大丈夫です。初心者大歓迎です。


どんな年齢だい?って思いますが、ま、お年を召してると言う意味なんでしょうね。 年齢というよりは興味の持ち方だと思います。 若くて物覚えが良いのに興味を持てなかったら三味線は決してうまくなりません。ようはやる気なのです。いくつになっても大丈夫です。逆にお子さんでも大丈夫ですよ。 昔は習い事として子どもの時からやったものなのですから。




どんな興味からでも結構です。 とに かくマンツーマンで、ゆっくりじっくりとその方に合わせたお稽古をしていきますのでどんな方でも弾けるようになります。 弾けるようにさせなかったら月謝もらってる僕が情けないじゃありませんか。 弾けるようになります。 長唄の楽しさ、三味線音楽の心地よさを自分の身体で体験しようではありませんか。


これもよく言われます。 そりゃあ、ただではお教えできません。 僕が個人で作ったものならいざ知らず、数百年培われて来た伝統音楽です。 僕は松永流九世松永鉄五郎師匠より鉄九郎と名乗ることをお許しいただきました。 現家元の松永忠五郎師匠、松永和佐次朗師匠にお金には替えられない技術や技法、そ して長唄の心を教わっています。その師匠たちはまたその上の師匠たちからと伝承さ れてきている文化です。それはとても奥の深いものであり、弾いていてワクワクする楽しいものです。鉄九郎が教わって触れてきた長唄は絶対に楽しいという自負があります。画一的なお稽古はいたしません。絶対楽しめる長唄をお教えいたします。しかもマンツーマンでその方なりのお稽古ですから、月謝はカルチャーセンターのような値段にはならないのです。



習っているものを発表することは、腕を上げる最大のチャンスなのです。 鉄九郎稽古場では年に一度「てんの会」というおさらい会を開催しています。 「てんの会」は鉄九郎の収益を上げるための会ではありません。 お弟子さんたちの腕を上げる会なのです。 お弟子さんは是非ご参加ください。 といっても義務ではありません。 他にさまざまなおさらい会への出演のチャンスがあります。


ある程度の技量に到達すると「名取り」になる機会に恵まれます。 松永忠五郎家元から鉄九郎門弟としての芸名がいただけます(名取り料を支払います) 。 「芸名」っていいですよ。 まったく新しい名前なのですよ、しかも伝統にのっとった。自分が好きなように色づけしていくことができる名前。 古典芸能の世界での居場所。演奏家としての道や師範の道が新たに開かれて行くのです。


三味線を習おうと思ったときに「さて誰に習おう」と考えます。 師匠選びは難しいことです。 近所が良い・月謝が手頃・やさしそう・お稽古場の雰囲気が良い等々。考えるとキリがありません。 もちろん、そういったことはとても大事なことです。 けれども僕は、まずはその師匠の舞台を観る(三味線を聴く)ことをオススメします。 なんにもわからなくても、この人に習ったらどうかなぁ?という目で観て耳で聴いてみてください。すると、何かひらめくものがあるかも知れません。 「初心者のうちは誰に習っても」 と思いがちですが、手ほどきだからこそ、「この人」 と思える人に習ってください。 このちょっとした努力が、あなたの長唄三味線の世界を楽しいものにする第一歩なのです。僕はそう信じています。


お稽古場は上記ですが、こちらから伺うというのもあります。 出張稽古ですな、出稽古といいます。 月謝の他に交通費(場合によっては宿泊費)をいただきますが、どこへでも行きます。ということは全国どこへでも(ひょっとしたら全世界)行くということです。 何人かで習っていただければ、かなりお得な感じではありますね。 ほんとにどこへでも行っちゃうんですから。

鉄九郎のお稽古自宅でのお稽古についてご説明します。

稽古場
 住所… 東京都練馬区田柄2丁目
 最寄り駅…東京メトロ有楽町線「地下鉄赤塚」徒歩3分
        東武東上線「下赤塚」徒歩4分


・お稽古は全て1対1で行います。
・各コースによりさまざまですが、基本的に月3回、1回30分から1時間程度。
・事前にご連絡頂いての欠席は、振替稽古いたします。
・お稽古日の日時は相談により調整しております。
・初心者の方から丁寧に指導いたします。
・年齢は小学生の方からご年輩の方までお越し頂いてます。
・稽古場には楽器(三味線)がありますので、ご自分の楽器をお持ちいただく必要はございません。

初めて三味線を持つ方、三味線は弾けるが初めて長唄に触れる方、以前は習っていたがまた始めたいと思っている方等々、経験も年齢もさまざまな方がいらっしゃいます。 鉄九郎稽古場では、そのさまざまな方に会ったお稽古方法をとらさせていただいています。この画一的でない稽古が、その人その人の芸の向上に繋がっています。 お弟子さんの習いやすいお稽古を目指しています。 不安な方は「体験入学」をオススメいたします。


習い始めて一年くらいでかなり上達しますよ。 もちろん、始めてみて 「あっ、違った」 と思うかもしれません。 教える方と教わる方の相性というものがあります。 ですので、 まず、鉄九郎の稽古を体験してください。小さなお子様からご年輩の方まで、お待ちしております。「体験入学料 10,000円(入会金はいりません)」 体験入学期間は稽古三回です。 楽器・バチ等、全てお貸しいたします。 この三回で最低「さくらさくら」程度は弾けるようになります。お稽古日の日時は相談により調整しております。(毎日9:00〜21:00) まず「体験入学してみようかな」で鉄九郎にメールしてみてください。 →体験入学してみようかな


鉄九郎門弟に入門(体験入学終了後の方も含む)される方は、入会金が必要です。 月謝は月始めの稽古日にお支払いいただきます。 三味線を弾くのに必要な撥「バチ」・指すり・膝ゴム(約5,000円)の購入となります。お稽古場では三味線をお貸し出しいたします。 体験入学しないで入門しよっと思った方、 「入門します」からメールしてください。 各コース・月謝・稽古日等のご連絡をいたします。それからお考えくだい。 →入門してみようかな




以下は鉄九郎門弟のお稽古場です。僕が責任を持ってオススメいたします。
また、鉄駒と鉄六は2003年にスクイーズ☆ハジキーズというユニットを結成し、
女性 二人組の長唄三味線ライヴを展開しています。
オファーがあればどこへでも行き、楽 しいライヴを行っています。
伝の会の弟子版という感じです。
ご要望があればお気軽 に声をかけてやってください。

松永鉄駒 稽古場
最寄り駅 小田急線「開成」徒歩12分
住所 神奈川県小田原市曽比
経歴と意気込み
日大芸術学部在学中1995年、鉄九郎師に入門。
2002年、松永忠五郎家元より松永鉄駒 の名を許される。
現在20代から80代の幅広い年齢層のお弟子さんがいます。
そのうち半分以上が初心者 の方でしたが、皆楽しくお稽古しています。
その人その人のペースに合わせて、丁寧 にお稽古したいと思っております。
どうぞお気軽にお連絡ください。


松永鉄六 稽古場
最寄り駅 JR京葉線「新浦安」徒歩10分
住所 千葉県浦安市美浜3丁目
経歴と意気込み
1998年12月、鉄九郎師に入門。
2003年11月、松永忠五郎家元より松永鉄六の名を許さ れる。
何百年と伝えられてきた長唄三味線の素晴らしさは、
ただ‘伝統’という音楽の伝承 だけに留まりません。
師匠から弟子へ、
少しずつ、沢山の事が伝えられ全てが財産に なります。
その中で一貫しているのは、長唄三味線を弾く楽しさ。
メロディーの美さ 心地よさだと思います。
私に伝えられたそれらの幸せを次に伝えるべく、
お稽古では 一緒に楽しんで弾きたいと思っております。


お稽古 伝の会TOP 戻る